薬局事務の給料ってどうなの?

こんにちわ。薬局事務のせーたです。

今回は、薬局事務の年収についてまとめていきたいと思います。

新人さん
新人さん

お安いんでしょう?

安いね。でも今後は変わってくるかも。

マスター
マスター

結論:平均年収300万円。高くて350万円、低ければ260万円。
   (正社員)でも今後給与体系が変わる可能性は大いにあり。

薬局事務の給与体系

薬局事務の給与は低いと言われていますがなぜでしょうか?

理由:薬局の固定費としての給料は、圧倒的に薬剤師に偏っているから。

言い方を変えれば、薬剤師の給料で精いっぱいで、それ以外の人の給料はそれほど大きくできないからです。

薬局の利益構造から知ってください。

薬局の利益=薬剤師の技術料

薬局は薬自体で利益は出せません。薬を問屋から仕入れて患者さんの手に届くまでの間で、商社のように価格をのっけたりはしません。

薬価差益というものが存在しますが、微々たるものです。

薬局は、患者さんに正しくお薬を提供する、という技術料で利益を出しています。

技術料は、「薬剤師によるお薬の提供」によって生まれる価値であり、薬剤師免許を持ってない人はこの価値を提供できません。

つまり、薬剤師以外の人は薬局に利益を出せないわけです。

この薬剤師ですが、現在有効求人倍率は10.05倍

どこも薬剤師不足で大変なわけで、それでも採用したい企業は、紹介会社や採用サイトに多額の費用を払いながら広告を出し、紹介料を払い、なんとか捕まえている状況。

引く手あまたの薬剤師ですから、そこそこの給料では、内定を出しても了承してくれません。

一番簡単な方法として、大きい給与で引っ張るわけです。

これだけお金をつぎ込んでいる中で、事務さんたちに多額の給与が払えるでしょうか?

考えてみても難しいですよね?

かつて薬局は、めちゃめちゃ儲かる利益構造でしたが、医療費削減問題の影響もあり、どんどん、いやガンガン儲からない方向へと進んでいます。

そんな中で唯一の利益の源泉である「薬剤師」がいない薬局は、当然今後継続して運営できません。

いくら薬局事務の仕事が大変だろうが、薬局事務は変わりがきいてしまうのと、一般募集でもかなりの応募を集めることができます。

残念ながら物価と同じで、供給が大きいものに大きな価値はつかないわけです。

薬局事務の給料がそれほど高く設定できない理由はなんとなくおわかり頂けましたでしょうか?

薬局事務に向いている環境はどんな人?

仕事の内容ではなく、時間や給与。つまり定量的な情報から薬局事務に向いているか否か考察してみます。

☑薬局事務の労働条件データ
 労働時間:9時~18時くらい
   休日: 祝日、平日のうちから1日(土曜は仕事)
   連休:ないところが多い。
   残業:門前の病院による
   給与:300万円(平均)
   資格:不要

薬局事務の仕事は主婦の方に一番人気と言われています。

女性パート

:旦那さんの扶養の範囲内で、ということであれば力仕事もほぼないので、体への負担もスーパーやドラッグストアと比べて少ない為、割に合った働き方になります。

女性正社員

:正社員ということであれば、扶養の外で働くことになります。定常的な残業は少ないので、旦那さんの帰宅時間にもよりますが、職場を家の近くで見つけられれば、夕食の支度には間に合いますし、将来の貯蓄に向けて、良い収入源になります。

ただし、門前の病院が遅くまで延長することがある場合には、家庭への負担が大きくなってしまいます。また、パートさんの仕事と比べて業務量が多いはずですので、「割に合わない」と感じるはずです。

男性パート

:そもそも雇ってもらえる可能性が低いです。コンビニのように即戦力になれる仕事でもありませんし、「受付」というのも立派な事務の仕事の一つですから、女性に比べて需要が低いです。

男性正社員

:家族を養うには給料が低いです。男性が正社員として働くには特別な理由がない限り続けていくのは難しいでしょう。また、土曜日が仕事であり、連休も取りづらい環境であることから、お子さんがいる方にとっては辛いかもしれません。

マスター
マスター

いや、お前のことやん。
つらい?

つらいけど、俺バカだから。。
ブログ頑張るよ!!

せーた
せーた
マスター
マスター

あ、そう。。

考察まとめ

今現在の全体的な薬局の給与体系から、考えるとまず男性が事務をやるのは向いていません。

女性にしても、正社員の場合は割に合いません。かといってパートだと仕事を覚えるのに時間がかかってしまいます。

故に働き手にとって一番都合のいい働き方は:

最初正社員として仕事を覚え、結婚後パートとして働く女性

と考えられます。

とはいえ、様々な企業で様々な都合の方がいらっしゃるので一概には言えません。特に男性諸君は、自分が働いてみても需要があるところにはあるのも事実ですから。チャレンジしてみていいと思いますよ。

薬局事務の給料は今後上がるの?

薬局事務の昇給

薬局事務の昇給は、期待できません

なぜなら、薬局事務の昇給制度を明確にしている企業が少ないからです。

昇給を望んでいる方は、その会社に昇給制度はあるのか、またはキャリアアップできる部署異動の可能性はあるのか確認をしましょう。

薬局事務の今後の給与体系

長い目で見ると、給与体系が変わり、昇給する可能性が出てきました。

それは単純に薬局事務の業務範囲が増えつつあるからです。

別記事で紹介しています→今後の薬局事務が楽しみな理由

しかし、起業の反応には時間差がありますから、今すぐということにはならないでしょう。

まとめ

薬局事務の給料は安いですが、それ相応の理由があります。

人的要素を覗けば薬局事務の仕事は簡単なんです。

売上目標もありません。責任も基本的に薬剤師にありますので、賠償責任もありません。

考え方によっては、気楽なお仕事とも言えるでしょう。いや、普通に大変ですけどね。

今後薬局事務を目指そうとしている方、企業を選ぶうえでも参考にしてみてくださいね。それでは!