薬局事務がモチベーションを持続させる方法

2019年8月31日

こんにちわ。薬局事務のせーたです。

お盆休みは楽しめましたか?

休み明けと言えば、仕事に行きたくないものですね。

休み明け初日は対して辛くありませんが、初日が終わって家に帰ると、「あぁこんな事を毎日続けるのか」とどんよりした気持ちになったりしますよね。

今回はそんな気分を解消するための打開策を紹介します。

結論:あなたが嫌だと思ってる事は、実は大したことない。起きてもいない事を不安がってもしょうがない。あなたの本当の目標をたてよう。

新人さん
新人さん

こんな日々を永遠継続させんのか。
やめちまいてーな。

その感情って意外と今だけなんだよね。

マスター
マスター

何が嫌だと感じているのかハッキリさせる

あなたが仕事行きたくないと思ってるとき、その理由は明確ですか?

「あれもやんなきゃいけないし、これもやんなきゃいけないし、あいつの顔見るのも嫌だ。 あと他にどんな嫌なことが待ってるんだろう?

こんなこを思ったことはありませんか?

せーた
せーた

あるあるあるある。

嫌な事」を箇条書きでスマホのメモにでも書き出してみましょう。

おそらく、2~3個のはずです。そして大したことではない。

1番嫌なことは、他にどんな嫌なことがあるか不明確な事。

これって起こってもいないことなので、悩んでも仕方のないことだと思いませんか?そんなことに目を向けるのはやめにしましょう。

そんなことより、楽しいこと考えて生きてた方がお得ですよ?

仕事に関係ない楽しい目標設定をする

仕事は、勝手に進んでいくもの。だから目標設定は仕事に関係ないことにするべきです。

だって、仕事の為に生きてるわけじゃないでしょう?

彼氏作るとか、副業するとか、資格を取るとか、トイストーリー観るとか、ジム通うとか。

仕事以外の時間を何に使うか、その時間をより有意義にするための手段として、我々は仕事をしているに過ぎないのでね。

せーたの例

僕の例をちょっぴり紹介させてください。

せーた
せーた

この永遠に終わらないカタカナ入力の仕事を始めて何年か経ちました。

あるとき、そろそろ飽きてきたのでどうしようか悩んでいたところに、ブログに出会いました。

文章書く事に慣れていたわけでもなく、WEBの知識もない僕でしたが、ゼロスタートでブログサイトを立ち上げてみました。

1ページも書いてないのに、かつてないような達成感がありました。

1つ目の記事を書き終わって、思いました。
「俺、薬局事務&WEBクリエーターじゃん。」

たった1日の出来事でした。

その後コツコツと投稿数を増やしていき、新しいコンテンツを作ってみたりしました。

QOLはさておきね、できることが日に日に増えていっていることが幸せだったりします。

あと、本当はもっとやりたいことあります。

こうなると、仕事が嫌で気分が落ちるとかあんまないです。

だって全然関係ないところでワクワクを持ててるんで。

仕事を使う、という発想

薬局事務の仕事を使ってできることはなんでしょうか。

多くはないですが、考えてみましょう。僕は入口としてブログを選んでみました。

今の時代、どんなコトに価値がつくかやってみないとわからない時代です。

Twitterもあれば、YouTubeもある。

YouTubeで保険のこととか解説したら、結構わかりやすいうえに、病院の事務さんにも需要がある内容ですからね。楽しそう。

まとめ

書きたいことができてしまったので、このくらいにしますが、よくよく考えてみると、本当に仕事がつらいのは「朝起きること」なんじゃないですか?

「朝強くなる方法」はGoogle先生に聞けばたくさん教えてくれますよ?

問題点があるなら、その解決意識をもたないとそのままです。

あなたが仕事大好き人間でない限り、仕事そのものがモチベーションになることは、考えられません!

仕事をつかって何をするか、仕事以外の時間に何をするか。

この2つがあなたの仕事のモチベーションを上げるではなく、無駄に下げない要素です。

ぜひ参考にしてみてくださいね!それでは!